徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >葛西用水路ボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
第30回
第29回
第28回
関東農政局長表彰の
 報告
第27回
第26回
第25回
感謝状授与の報告
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
関東農政局長表彰の
 報告
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
企業の森づくり
ボランティア活動
その他の
ボランティア活動

葛西用水路ボランティア活動

第24回『葛西用水路』ボランティア活動の報告

報告者:建築事業本部 東日本積算課 茂渡 英三

平成27年1月24日(土)第24回目のボランティア活動を行いました。

当日は、風がやや強かったですが、とても清々しい晴天でしたので、作業環境としては良い日でした。作業は、用水路内の清掃班とその周辺の草刈り班、さらに水質調査班とに分かれて行いました。

ボランティア活動は24回目ということもあり、みなさん作業に慣れておられますので、それぞれがテキパキと、または互いに連携しながらどんどん作業を進めていきました。
付近の道路を通りかかった人が立ち止まって活動の状況を見ておられたので、用水路およびその周辺がきれいになったと感じていただけるとありがたいなと思いつつ作業をしました。
私は初参加でしたが、はじめて胸から足先までが一体となったツナギを着て、5センチ程度の水位の用水路内に入り、そこに捨てられているゴミの掃除をしました。作業をはじめて間もなく水面を何かが動き始め、ギョッとしましたが、それは真っ赤なアメリカザリガニでした。冬なのにとても元気に動いていましたから、水質も良い状況なのだと感じました。
ただ、水路を横断する橋の周辺にコンビニ弁当のゴミとペットボトルが数多くあり、明らかに水路に向かって投げ捨てていく人がいることは、とても残念に感じられました。ゴミを捨てる人にも清掃活動に参加してもらって、考えを改めてもらいたいものです。

葛西用水路という名前の由来は、江戸時代に東京の葛西まで農業用の水を引くために作られたことから名付けられたと、活動の中で教えていただきました。
現在の水路よりも小さいとはいえ、かなりの長い距離を水路として整備していたのだと考えると、とても困難で大きな事業だったのではと感じました。

昨年、私は西葛西の建築現場におりましたので、この水路には名前からも親しみを感じました。
清掃後は、きれいになった気持ち良さと運動不足の体がほぐれたことで、大きな充実感を得られました。
次回は、まだ参加したことのない方にも体験していだたきたいと思います。
みなさまの参加をお待ちしております。

参加者の皆様、お疲れ様でした。
過去7年間、計24回のボランティア活動の累計時間及び述べ人数は下記の通りです。
累計時間 : 約60時間
延べ人数 :290名

私たちの活動は、「心の豊かさ」「ゆとりの社会」づくりを推進します。
来年度の活動計画は、3月下旬に改良区と打ち合わせて決定します。
今後も活動を続けて参りますので、皆さまのご参加をお待ちしています。
活動状況については徳倉建設HP及び葛西用水路土地改良区HPでもご覧いただけます。

【出席者 順不同敬称略】
山下信夫、水元正弘、久保武義、古村良春、工藤則昭、高木祐資、
米山元紹、田中陽二、茂渡英三(初参加)、太田勝仁、古林基保、大木寛之、
叶キ岡組(東京徳友会)永吉和也(初参加)、井戸本正成(初参加)(計14名)
浦和測量設計梶@5名 葛西用水路土地改良区 3名

葛西用水路ひと口メモ・・・
日本三大農業用水の一つ(他に埼玉県の見沼代用水、愛知県の明治用水がある)
江戸時代初頭の1660年に江戸幕府が、関東郡代の伊奈忠克に開発させた灌漑用水路であり利根川から引いた水で埼玉県東部を潤す農業用水。1760年代に完成した。 (葛西用水路土地改良区) http://midorinet-kasai.or.jp/

  • 作業前 集合写真

  • 作業前 挨拶・作業内容説明

  • 水質検査
    (上流部 堰にて)

  • 水質検査
    (上流部・下流部の2か所で行いました)

  • 水路内清掃中 1

  • 水路内清掃中 2

  • 水路内のゴミを集積中 1

  • 籠でゴミを引き上げ中!

  • 水路内のゴミを集積中 2

  • 自転車引き上げ中!

  • 引き上げ準備中!

  • 積み込み中!

  • 積み込み状況!

  • 作業完了後の水路の状況

  • 草刈中!

  • 草刈集積中!

  • 水質検査
    (下流部 葛西橋付近にて)

  • 水質検査
    (上流部・下流部の2か所で行いました)

  • 作業後の講評

  • 作業後 記念撮影

  • 【号外】記念植樹植え替え記念撮影

  • 【号外】記念植樹植え替え中

参加者の一言 順不同

山下支店長:
当日は冬晴れに恵まれ、清々しい気分で作業ができました。風がやや強かったので、枯草が飛び、袋に入れるのが一苦労。また、枯草は嵩張るので、袋の中の枯草を足で踏みながら押し込むのも大変でした。次回は新緑が萌える季節です。今回刈り取った草がまた芽を出すのですから、このボランティア活動の終止符はないですね。毎回、季節と恵まれた自然と用水路を泳ぐ魚を見ながら、心地よい汗を流しましょう。

水元副支店長:
途中で中座しましたが、ほぼ皆勤賞で頑張っています。

土木事業本部 久保部長:
トラロープを持って、水路のゴミ上げの待機中です!

米山常任顧問:
用水路内への投棄ゴミの多さに驚きました。これまでの清掃活動でかなり少なくなったとのことでしたが、それでも大量のゴミでした。
大切な農業用水路の管理の一助に今後とも、葛西用水路土地改良区の皆さんと協力して、来年度もボランティア活動の継続をお願いします。
また、これらの活動が、農業用水路施設の必要性、また、都市周辺の水辺空間としての重要性が、地域住民の皆さんに理解が得られよう頑張りたいと思います。

土木事業本部 古村所長
真冬の寒い日でしたね。乾燥した空気と水の引いた川底、全部きれいになりました。ただ私の顔は泥がはねて汚れました。

土木事業本部 工藤所長:
当日は、晴れていましたが、用水路の水が冷たかったです。思った以上にゴミが多く時間がかかりましたが、用水路がきれいになりました。次回も都合がつけば参加します。

東京支店:高木さん
今回は水質調査のお手伝いを中心に参加させて頂きました。水門を止めていた為か、水自体はやや濁ってました。数値は前回とほとんど変化はありませんでしたが、付近住民からは”水が汚れてる?”との声があるそうです。濁っていると心なき者が大物自転車等を投げ捨てることが多くなるそうです。ダメよー・・ダメ・ですよね。

東日本営業部(建築)田中さん
ボランティアもレギュラー化し、草刈り機の扱いにも大分慣れました。
今回は左岸の通路廻りと右岸の土手の草刈りを行いました。
夏と違い、草に力が無く刈るのが非常に楽でした。

東日本営業部(建築)太田さん
今回2回目の参加となります。河川の昨年よりはゴミが少なかったように思えました。これも定期的なボランティア活動の成果だと思います。この度は皆様お疲れ様でした。

東日本積算課 茂渡さん:
頑張って清掃しましたので、気持ちも水路もきれいで晴れやかになりました。

東日本営業部(土木)大木さん
天気もよく活動してとても気持ちの良い一日でした。
いよいよ次回からは9年目に入ります。
継続は力なり!

ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved