徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >葛西用水路ボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
第30回
第29回
第28回
関東農政局長表彰の
 報告
第27回
第26回
第25回
感謝状授与の報告
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
関東農政局長表彰の
 報告
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
企業の森づくり
ボランティア活動
その他の
ボランティア活動

葛西用水路ボランティア活動

第25回『葛西用水路』ボランティア活動の報告

報告者:土木事業本部 東日本工事部 舟波 光春

平成27年6月6日(土) 第25回目のボランティア活動を行いました。

当日は、前日夜からの強雨でもしかして中止?なんてことも参加者の間でささやかれていましたが、朝起きて天気を確認すると、とても清々しい初夏の晴天でボランティア活動の作業環境としては凄く良い日でした。

作業は、用水路周辺の草刈り班と水質調査班とに分かれて行いました。
今回から水質の透明度を測定する透視度計を導入して、新たな試みの水質調査を実施しました。
ボランティア活動も早いもので、もう25回目です。参加者の皆さんも手際よく分担を決め、お互いに連携しながらテキパキと作業を進めていました。
年功序列?若い方が草刈機を持って作業する様子はなんだか納得できました。(笑)

私はこのボランティア活動に何度も参加させていただいておりますが、はじめて水質調査の方を担当させていただきました。土木現場で河川・用水路工事にも数多くたずさわってきましたが、自ら水質調査を行うということは初めてです。
葛西用水路の内の水をバケツにて採取して、すぐに水質の測定ができるパックテスト試験です。(試験紙を水に浸して試験紙の色の変わりを判断するもの)簡易的な試験ではありますが、水の化学的酸素要求量(COD)、過マンガン酸カリウム消費量(PMD)、りん、窒素、りん酸(PO4)、アンモニウム(NH4)、硝酸(NO3)、亜硝酸(NO2)、全窒素(TN・i)などの9項目を測定出来てしまう優れものなんです。(皆さんも是非利用してみて下さい。 ・ あまり使う機会も無いのかも・・・)

上流部と下流部では水質が異なること 。(下流に行けば行くほど流入してくる水が多いので汚れてしまう)
水が濁ってしまうので透視度も高くなる。今までのデーター履歴との比較、今後の活動データーの資料として測定結果をまとめて調査業務を終了しました。

水質調査が終了すると草刈り班と合流して、今度は体を動かす草刈り作業です。
草刈り班は一生懸命汗だくで集められた草を軽トラックに積み込んでいる作業をしていました。私もこの積み込み作業に合流して、最後に共に汗を流しました。

清掃活動を通じて社内の参加者・地元近隣の方・土地改良区の方と意気投合して親密を深めることができました。
次回は、まだ参加したことのない方にも同じ体験をしていだたきたいと思いました。

皆様の多数の参加をお待ちしております。

参加者の皆様、お疲れ様でした。
過去8年間、計25回のボランティア活動の累計時間及び述べ人数は下記の通りです。
累計時間 :約62時間
延べ人数 :303名

私たちの活動は、「心の豊かさ」「ゆとりの社会」づくりを推進します。
来年度の活動計画は、3月下旬に改良区と打ち合わせて決定します。
今後も活動を続けて参りますので、皆さまのご参加をお待ちしています。
活動状況については徳倉建設HP及び葛西用水路土地改良区HPでもご覧いただけます。

【出席者 順不同敬称略】
山下信夫、水元正弘、久保武義、出口明広(初参加)、工藤則昭、舟波光春
本間栄一、田中陽二、茂渡英三、古林基保、大木寛之
(株)盛岡組(東京徳友会)永吉和也、井戸本正成 (計13名)
浦和測量設計(株) 5名 葛西用水路土地改良区 3名

葛西用水路ひと口メモ・・・
日本三大農業用水の一つ(他に埼玉県の見沼代用水、愛知県の明治用水がある)
江戸時代初頭の1660年に江戸幕府が、関東郡代の伊奈忠克に開発させた灌漑用水路であり利根川から引いた水で埼玉県東部を潤す農業用水。1760年代に完成した。 (葛西用水路土地改良区) http://midorinet-kasai.or.jp/

  • 作業前 集合写真

  • 作業前 挨拶・作業内容説明

  • 水質検査(上流部 堰にて)

  • 水質検査(上流部・下流部の2か所で行いました)

  • 水質調査(パックテスト)

  • 水質調査(標準色判定)

  • 透視度計による透視度試験

  • 透視度計を上から除き込む。

  • 草刈状況 1

  • 草刈状況 2

  • 軽トラック積込み中!!

  • もうこんなに積込みました。

  • 積込み作業終了で休憩中?

  • 作業完了後の団欒。

  • こんなに草を集めました。><

  • 不審な看板発見!!虫注意?

  • 綺麗になった用水路

  • 葛西用水路

  • 作業後の講評

  • 皆さんお疲れ様でした。

  • 作業後の記念撮影(みんな爽やか)

  • すくすくと育つ記念植樹!!

参加者の一言 順不同

山下支店長:
今回は、5/12に土地改良区から感謝状を頂いたあとのボランティア活動でしたので、一生懸命頑張りました。 作業内容は草刈り機で刈った後の集積と掃き掃除でした。集積途中で草刈り機で切り残した雑草を鎌で刈り取りながら、道路をきれいに掃き掃除を行いました。 今回、この活動を始めてから初めて散策中の女性から「ご苦労様。大変ですね。」と声を掛けられ、何とも言えない喜びを感じました。 これからも地元の方が気持ち良く散歩ができる環境保全に努めようと思いました。

水元副支店長:
いつも皆勤賞で頑張っています。
家が近いのも理由の一つかな。

土木事業本部 久保部長:
草刈機も手慣れたものになりました。
ボランティア活動のおかげです。

土木事業本部 出口所長:
お疲れ様でした。
東京支店へ配属されて初めてのボランティア活動です。
大阪支店時代も毎年4件以上のボランティア活動に参加しておりました。 これからは工事部になりましたので、なかなか時間が取れない可能性もありますが、年間目標回数以上を達成すべく、参加していきたいと考えております。

東京支店 営業管理部 本間部長:
当日は朝方雨模様で本当に晴れるのか心配でしたが、ボランティア活動を始める頃には天気になり日頃の行い?かなと思いました。
私が担当した場所は電動草刈り機で刈り取ることが出来ない短い雑草を細めに手で根っこまで取り除く作業でけっこう根気がいります。涼しそうに作業を行っているかの様に見えますが、だんだん気温も上がり実際は汗だくで相当バテバテの状態でただ写真ホーズを取っていただけです。 このあと日陰で休憩!!

土木事業本部 工藤所長:
今回は、刈り取る草が少なく楽でした。
次回も都合がつけば 参加します。

東日本営業部(建築)田中さん:
都会っ子だった私も草刈り機の扱いももう手慣れたものになりました。
今回は草刈りの範囲が左岸側だけで物足りませんでした。
夏〜秋は打倒右岸。
暑くても長袖・長ズボンで参加しましよう。
小石など結構飛んで来ますので、怪我をしないようにご注意を。

東日本積算課 茂渡さん:
天気が良かったので、気温が上がるかと心配していましたが、上がり過ぎず、快適な状況で作業できました。
前回に比べ水路の水量が多いのは農業用水として水を使用しているからという当たり前のことを知りませんでした。

東日本営業部(土木)大木さん:
活動開始から早9年目に突入しましたね!
昨年よりはゴミが少なかったように思えました。
これも定期的なボランティア活動の成果だと思います。
皆様の参加をお待ちしてます。

東日本工事部 舟波さん:
水質調査を始めて担当しました。
今回より透視度計を導入しての試みで大変勉強になりました。

ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved