徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >葛西用水路ボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
第30回
第29回
第28回
関東農政局長表彰の
 報告
第27回
第26回
第25回
感謝状授与の報告
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
関東農政局長表彰の
 報告
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
企業の森づくり
ボランティア活動
その他の
ボランティア活動

葛西用水路ボランティア活動

第27回『葛西用水路』ボランティア活動の報告

報告者:社長室 徳倉祐子

今回初めて参加させていただきました。
当日は、大寒波による雪で開催が危ぶまれましたが前日に無事決行が決まりました。大寒波に備えて持っている全ての防寒着を身につけ参加してきました。
しかし当日になってみれば雪も降らず、曇り空ではありましたが風も穏やかな中での作業となりました。
作業は主に水質調査、草刈り、用水路ゴミ拾いに分かれて行いました。
私は用水路ゴミ拾いでしたので、胴長と呼ばれるつなぎを初めて身に着けて膝ほどまである深さの用水路に入りました。
水路内にはペットボトルから傘からお酒のボトル、正体不明の物体等々、到底用水路に捨てられているとは思えないさまざまなゴミを拾いました。
最後に講評をいただいた際に「捨てるのは一瞬だが、それを掃除するには多大な労力と時間がかかる」というコメントがあり大変印象に残っています。

2時間ほど用水路の中を上流から下流に向けて掃除をして、水路の中のゴミが減ってどんどん綺麗になっていくのを見て達成感を味わう事もできました。
水路内での作業は腰を折り曲げてゴミを拾う作業の繰り返しなので、たった2時間の作業でも翌日は足腰が筋肉痛になりました。自分の運動不足を実感すると共に、次回までにはもう少し体力をつけて参加したいと感じました。

葛西用水路のボランティアは今回で27回目となる歴史のあるボランティアです。
ボランティア中も、地元の方々に話しかけられたりと、地元の方々との関係が深まっていると感じました。
今後もより多くの方々が参加して、このボランティアが続いていくと良いと思います。

参加者の皆様、お疲れ様でした。
過去9年間、計27回のボランティア活動の累計時間及び述べ人数は下記の通りです。
累計時間 :約66時間
延べ人数 :331名

私たちの活動は、「心の豊かさ」「ゆとりの社会」づくりを推進します。 今後も活動を続けて参りますので、皆さまのご参加をお待ちしています。 活動状況については徳倉建設HP 及び葛西用水路土地改良区HPでもご覧いただけます。

【出席者 順不同敬称略】
山下信夫、米山元昭、水元正弘、久保武義、小出知志、本間栄一
田中陽二、菊川英一郎、茂渡英三、橋本智裕、徳倉祐子(初参加)、大木寛之
栄都建設(株)(東京徳友会)小又学、高田建設コンサルタント(株)田代潔

浦和測量設計梶@7名 葛西用水路土地改良区 2名

葛西用水路ひと口メモ・・・
日本三大農業用水の一つ(他に埼玉県の見沼代用水、愛知県の明治用水がある)
江戸時代初頭の1660年に江戸幕府が、関東郡代の伊奈忠克に開発させた灌漑用水路であり
利根川から引いた水で埼玉県東部を潤す農業用水。1760年代に完成した。
(葛西用水路土地改良区) http://midorinet-kasai.or.jp/

  • 作業前 全体集合写真

  • 作業前 集合写真

  • 作業前挨拶・作業内容説明

  • 用水路

  • 水質検査(上流部 水汲み取り)

  • 水質検査(上流部・下流部の2か所で行いました)

  • 水質調査(PH)

  • 水質調査(COD標準色判定)

  • 水質調査(亜硝酸態窒素)

  • 水質調査(アンモニウム)

  • 水質調査(りん酸態りん)

  • 水質調査(全窒素(無機))

  • 透視度計による透視度試験

  • 計測中

  • 現況 1水路内

  • 現況 2水路内

  • 作業中1水路内

  • 作業中2水路内

  • 引き揚げ中 重い・・・

  • 積み込み中 結構重い・・・

  • 草刈り状況1 管理用道路

  • 草刈り状況2 管理用道路

  • 地元の方へボランティア活動の説明をしてます!

  • 不法投棄が多いわね お疲れ様です!の一声

  • ゴミの集荷状況1

  • ゴミの集荷状況2

  • 作業後の講評

  • 皆さん、お疲れ様でした。

  • 作業後の記念撮影 全体

  • 記念撮影

  • 【今回 水路に入り活躍したチーム Tokura】
    左側:土木事業本部 小出所長
    中央:建築事業本部 橋本所長
    右側:社長室 徳倉さん

参加者の一言 順不同

山下支店長:
週間天気予報では当日は降雪かと心配していましたが、日頃の行いが良いのか、偶に薄日がさす曇り空ではありましたが風もなく寒さも余り感じない絶好の清掃日和でした。今年度最後の清掃ということで、水路内の清掃と水路沿道のゴミ拾いと草刈に分かれ、私は左岸側の刈った草の収集に努めた。今年度も改良区の皆さんと一緒に3回の清掃を実施し、怪我もなく無事に終えた事に感謝し、来年度も引き続き頑張っていこうと決意を新たにした次第です。参加した皆さん、今後とも宜しくお願い致します。

米山執行役員:
綺麗な水路には、ゴミ投棄を抑止する効果が高いと言われています。
持続した地域貢献活動が大事かと思います。
葛西用水土地改良区と連携して、頑張っていきたいと思います。

水元副支店長:
いつも皆勤賞で頑張っています。
家が近いのも理由の一つかな。

土木事業本部 久保部長:
上での作業も結構しんどいです。皆様、お疲れ様でした。

土木事業本部 小出所長(画面中央):
第1回以来・・・9年ぶり!2度目の参加です。
当日は天気にも恵まれ清掃日和でした。
用水路の水が冷たかったですが、皆さんと楽しく用水路をきれいに清掃できました。
また、参加する機会があれば頑張りたいです。

東京支店 営業管理部 本間部長:
今回のボランティアは、農閑期でもあったので草刈りや水質調査のほかに水路内のゴミ収集も行い、当社からは意欲的な若手?3名が冷たい水の中で作業に専念していた光景がまだ目に浮かびます。
私も地味ではありますが、水路の内側と外側の草刈りに専念です!
作業中に近所の農家のおばさんに「ご苦労様」と声を掛けられ、ちょっと照れくらい気持ちもありました。

東日本営業部(建築) 田中部長:
今年の冬は暖冬だから暖かく。
冬の草に力が無いので、草刈り班はちょっと楽。
でも、1時間も草刈り機を使ってると手が痺れて結構痛いんですよ。
気を付けないと犬のウンコだらけです。

東日本営業部(建築) 菊川さん(画面左手):
雪が降るとの予報の中、釣り用の防寒具を着込み参加しましたが、終了間際には汗がでるくらいでした。

東日本積算課 茂渡さん:
遅刻してしまいましたので、今回は水質調査の手伝いをしました。
川の清掃した方は、下に降りての作業もあり大変苦労されたと思い
ますので、頭が下がります。
次回からは遅刻しないように参加いたします。

東日本工事部(建築) 橋本さん(画面左手):
今回は、胴長を初装着し用水路内のゴミ拾いをしました。
思いのほか胴長が温かいことを知りました。

上流側からスタートしましたが・・・
川底の体積土で濁ってしまい用水路内が何も見えず・・・

次回は下流側からスタートします!

社長室 徳倉さん(画面右手):
胴長も水路内に入るのも初めての体験でしたが、作業後綺麗になった用水路を見て清々しい気持ちになりました。
またぜひ参加したいです!

東日本営業部(土木) 大木さん:
前日の天気予報で、作業当日は大寒波との情報が…
防寒具を着込み、現地入りしました。

ところが、皆さんの普段の行いが良かったのか(笑)?
大寒波は西日本のみで、現地は風も穏やかでした。

活動回数が増える度に参加者も増えていきます!

来年で活動祝10周年を迎えます!
これからも皆様のご協力をお願いいたします。

ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved