徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >葛西用水路ボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
第30回
第29回
第28回
関東農政局長表彰の
 報告
第27回
第26回
第25回
感謝状授与の報告
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
関東農政局長表彰の
 報告
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
企業の森づくり
ボランティア活動
その他の
ボランティア活動

葛西用水路ボランティア活動

第28回『葛西用水路』ボランティア活動の報告

報告者:経営管理本部 工務部 馬場和義
土木事業本部 東日本工事部 望月將永

平成28年6月4日(土)、恒例となる葛西用水路ボランティア活動を行いました。
私は初参加ですが、歴史あるボランティア活動で通算28回目となります。

今回は今年度最初の活動で当初は天気が危ぶまれましたが、いざ当日になってみればとても天気が良く、ものすごい量の汗を流すことができました。
活動内容は平成13年度に弊社が施工した農業用水路のまわりの草刈り、ゴミ拾い、水質調査でした。
水質調査は用水路の上流、下流の2箇所でそれぞれ透視度試験の他、pH・アンモニウムなど計6種の測定を行います。
7つもの試験・測定をすると聞くと大人数で行うように思えますが、実際担当するのは2名だけで他の人は草刈りとゴミ拾いを行いました。
草刈り自体もいくつもの手に分かれての作業ですが皆仕事を足早に分担し作業を始めました。
私が担当した作業は草狩機の手元で刈った草をかき集める作業です。
かき集めた雑草は軽トラの荷台で収集し、一箇所に集めて後日まとめて処分するとのことでした。
用水路周辺はかなり多くの草が生い茂っていて刈った草を時間内に回収しきれないほどの量でした。

今年度にはまだ10月と1月に1回ずつボランティア活動が計画されているので、次回のボランティアでは今回とはまた違った感じ方をするかもしれません。
次回は是非、まだ参加したことのない方にも体験をしていただきたいと思いました。

参加者の皆様、お疲れ様でした。
過去10年間、計28回のボランティア活動の累計時間及び述べ人数は下記の通りです。
累計時間 :約68時間
延べ人数 :345名

私たちの活動は、「心の豊かさ」「ゆとりの社会」づくりを推進します。 今後も活動を続けて参りますので、皆さまのご参加をお待ちしています。 活動状況については徳倉建設HP 及び葛西用水路土地改良区HPでもご覧いただけます。

【出席者 順不同敬称略】
山下信夫、米山元昭、水元正弘、久保武義、工藤則昭、茂渡英三
橋本智裕、古林基保、大木寛之、馬場和義(初参加)、望月將永(初参加)
潟Wオプラン(東京徳友会)竹里克生、叶X岡組(東京徳友会)井戸本正成、
渠旧エ建設 萩原慎一郎(計14名)

浦和測量設計梶@8名 葛西用水路土地改良区 2名

葛西用水路ひと口メモ・・・
日本三大農業用水の一つ(他に埼玉県の見沼代用水、愛知県の明治用水がある)
江戸時代初頭の1660年に江戸幕府が、関東郡代の伊奈忠克に開発させた灌漑用水路であり
利根川から引いた水で埼玉県東部を潤す農業用水。1760年代に完成した。
(葛西用水路土地改良区) http://midorinet-kasai.or.jp/

  • 作業前 全体集合写真

  • 作業前 集合写真

  • 作業前挨拶・作業内容説明

  • 用水路(上流)

  • 水質調査(pH)

  • 水質調査<COD(低濃度)>

  • 水質調査<アンモニウム態窒素>

  • 水質調査<りん酸態りん>

  • 水質調査<亜硝酸>

  • 水質調査<全窒素(無機)>

  • 水質検査(上流部)

  • 水質検査(下流部)

  • 作業場所へ移動中

  • 草刈り状況1

  • 草刈り状況2

  • だいぶ伸びてますね

  • こんな所からも生えてくるんですね

  • 日陰で少し休憩

  • 移動するのも大変そうです

  • 作業前状況

  • 作業中状況

  • 作業後状況

  • 綺麗な花も咲いてるんですね

  • ゴミ集荷状況1

  • 暑くてゴミの集荷も楽じゃありません

  • ゴミ集荷状況2

  • ゴミ集荷状況3

  • こんなに沢山採れました!

  • 集めた草はまとめて処分します

  • もうこんなに積み込まれてる。。。

  • 作業後の講評

  • 皆さん、おつかれさまでした!

  • 作業後の記念撮影

参加者の一言 順不同

山下支店長:
今日の天気は、やや暑い日ざしが差しましたが、心地よい涼風が吹き、清掃日和でした。今回は水路の右岸上部の草刈を担当しましたが、前回まで生えていなかったサフィニア系と思われる小輪の花をつけた草が繁殖しており、草の量は半端なく大量に出ました。結局、右岸側の草刈は半分残しとなり、次回刈ることになりましたが、これから夏を迎え、益々繁殖するのではないかと心配しながら仕事を終了しました。2時間の作業で結構疲れましたが、昼食時の冷たいビールが堪らなく美味かったです。次回も頑張りま〜す。

米山執行役員:
○休日の土曜日でもあり、用水路周辺をウォーキング、ジョギングする人の姿を多く見かけました。
○ゴミは、長年の活動成果によりかなり減少したように思います。しかし、草丈が伸びると空き缶、ゴミの投棄に繋がりやすいようです。
○今年も、葛西用水路の保全活動により、地域の財産として将来にわたって親しまれるように頑張ります。

水元副支店長:
今回も参加しました。
今後も継続してがんばります。

土木事業本部 久保部長:
おつかれさまです。両手を使って、がんばりました。

土木事業本部 工藤さん:
今回は、草の量が多く、運搬に時間がかかりました。次回も都合がつけば 参加したいと思います。

土木事業本部 望月さん(初参加):
今回初参加させてもらいました。
天気もよくなかなかすることのない良い体験が出来ました。
都合が合えばまたいつか参加します。

東日本積算課 茂渡さん:
水質検査は2回目でしたので、少し慣れてきました。
草刈りも終盤に少し手伝うことができました。

建築事業本部 橋本さん:
今回で3回目の参加となりました。
当日は天気が良く、じっとしていても汗ばむくらいの陽気でした。
刈り取った雑草の集積積込みを担当しました。
草刈担当されていた米山執行役員の刈り取るスピードが速く追いかけるのに必死でした。
いい汗かかせてもらいました。
また次回も是非参加したいと思っています。

東日本営業部(土木) 大木さん:
徳倉建設椛n立60周年記念事業として活動を始め、気が付けば10年目の節目の年になりました。
今年の3月には『史上初』の2度目の関東農政局長表彰を受賞しました。
この活動が地域の皆様にも受け入れて頂けるよう、今年も頑張ります!

皆様の奮ってのご参加をお待ちしています。

工務部 馬場(初参加):
今回初参加です。
日頃から雨男と言われているので天候が心配でしたが、当日は日差しこそ強かったものの風があったため良いボランティア日和だったんじゃないでしょうか。
作業の方は、欲張ってチリトリ、竹ぼうき、草刈鎌を持ち出しましたが、周りの皆さんの作業が速く、追いかけるのに必死でした。
次回はがっつき過ぎずどれかに専念します。

ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved