徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >葛西用水路ボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
第30回
第29回
第28回
関東農政局長表彰の
 報告
第27回
第26回
第25回
感謝状授与の報告
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
関東農政局長表彰の
 報告
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
企業の森づくり
ボランティア活動
その他の
ボランティア活動

葛西用水路ボランティア活動

第29回『葛西用水路』ボランティア活動の報告

報告者:土木事業本部 東日本工事部 林 亨

平成28年10月1日(土)、関東農政局長表彰を2度受賞している葛西用水路のボランティア活動に初めて参加でき光栄に思っております。
というのも、私自身、平成25年9月から平成28年3月まで農業土木系のシンクタンクである(一財)日本水土総合研究所へ出向しており、その際、農水省本省の職員や大規模土地改良区の関係者の皆さまより、「徳倉建設? 葛西用水でボランティア活動していますよね?」という感じで、話しかけられることが稀にあったからです。

そんな訳で機会があったら『知る人ぞ知る』この葛西用水路のボランティア活動に参加したいと、常々思っており、ようやく念願が叶いました。
家族での参加も可能と聞きましたので、妻と子供2人とともに参加させていただきました。
グアテマラ人の妻は、日本の田園風景がとても美しいと言います。そんな田園の景観を微力ながら改善するボランティアと聞いて、本人も意欲十分でおりました。子供たちは用水路を泳ぐ魚や田んぼに生息するアマガエルの方に興味津々でありました。これも水田の持つ多面的機能の一つと言えましょう。

当日は悪天候が心配されておりました。同行した工藤さんとともに市川市を出発した時は、完全な雨模様でしたが、埼玉県に入ったころから雨が止み、集合場所に着いた時には、路面も乾いておりました。屋外で作業するには、丁度いい感じの曇天でした。

私たち家族は、用水路脇に生えた雑草を草刈機で刈ったものを拾い集める作業をしました。
綺麗にかき集めるのは意外と体力が要ります。曇天で助かりましたが、下着が汗まみれとなりました。その甲斐もあって、2時間の作業で軽トラック5台分の雑草を撤去することが出来ました。また、作業を小休止した際には、土地改良区の方と葛西用水の受益地における作付や土地改良区の現状に関するお話も聞けて有意義でした。

次回のボランティア活動は、30回目の区切りです。次回は冬場恒例の用水路内の清掃を行うとのことです。何とか都合をつけて次回以降も参加したいと思います。
また、地道な活動を通して地域と当社自体に大きく貢献しているこのボランティア活動に、より多くの方が参加されることを願うばかりです。

参加者の皆様、お疲れ様でした。
過去10年間、計29回のボランティア活動の累計時間及び述べ人数は下記の通りです。
累計時間 : 約70時間
延べ人数 :361名

私たちの活動は、「心の豊かさ」「ゆとりの社会」づくりを推進します。
今後も活動を続けて参りますので、皆さまのご参加をお待ちしています。
活動状況については徳倉建設HP
及び葛西用水路土地改良区HPでもご覧いただけます。

【出席者 順不同敬称略】
山下信夫、米山元昭、水元正弘、久保武義、出口明広、工藤則昭
林亨、林マリア、林拓海、林小百合、古林基保、大木寛之、馬場和義
(株)ジオプラン(東京徳友会)長尾光太郎、(株)森岡組(東京徳友会)永吉和也、栄都建設(株)元木喜之(計16名)

浦和測量設計(株) 10名 葛西用水路土地改良区 2名

葛西用水路ひと口メモ・・・
日本三大農業用水の一つ(他に埼玉県の見沼代用水、愛知県の明治用水がある)
江戸時代初頭の1660年に江戸幕府が、関東郡代の伊奈忠克に開発させた灌漑用水路であり
利根川から引いた水で埼玉県東部を潤す農業用水。1760年代に完成した。
(葛西用水路土地改良区) http://midorinet-kasai.or.jp/

  • 作業前 全体集合写真

  • 作業前 集合写真

  • 作業前挨拶・作業内容説明

  • 清掃道具一式

  • 水質調査(pH)

  • 水質調査<COD(低濃度)>

  • 水質調査<アンモニウム態窒素>

  • 水質調査<りん酸態りん>

  • 水質調査<亜硝酸>

  • 水質調査<全窒素(無機)>

  • 透視度計による透視度試験

  • 目盛を確認

  • 葛西用水路

  • 気合十分!

  • 現況1

  • 草刈り状況1

  • 小さな雑草は手で摘んでいきます

  • 収拾状況1

  • 現況2

  • 草刈り状況2−1

  • 草刈り状況2−2

  • 収拾状況2

  • 草刈り後状況1

  • 草刈り後状況2

  • 草刈り後状況3

  • ゴミ集荷状況1

  • ゴミ集荷状況2

  • 全部で10台分の草が狩れました

  • 作業後の講評1

  • 作業後の講評2

  • 作業後の記念撮影

参加者の一言 順不同

山下支店長:
朝、千葉の自宅を出かけるときは雨が降っており、雨具の用意をして現地に向かいましたが、現地は路面も濡れておらず、日頃の行いが良い結果かなぁと思いました。今回、林君が家族連れで参加してくれました。家族連れの参加は初めてです。日頃、子供と一緒に遊ぶ時間もないサラリーマンにとって、こういう機会に子供と一緒に草刈をしたり昆虫採集など貴重な体験だったと思います。子供さんに「次回も来てくれるかなぁ」と言ったら、「いいとも!」と元気に喜ぶ姿にホッとする一日でした。

米山執行役員:
今回は、下流部右岸の雑草処理の完結が目標でした。
当日は、薄曇り、気温程よく作業環境良好のため、作業効率が上がり予定通り終了です。
これで、散歩される地域住民の皆さん、中学校の生徒さんも気持ち良くランニングできると思います。
来年もガンバリます。

水元副支店長:
連続参加記録更新です。
寒さに負けず次回もがんばります。

土木事業本部 久保部長:
草刈班約一名。がんばります。

土木事業本部 出口さん:
皆様 お疲れ様でした。当日は現場も稼働していましたが、ボランティアに参加させてもらいました。 ちょうど良い天候で、気分転換とストレス解消になりました。 また、米山顧問も来られまして大阪の様子を伺うことができましたことがよかったです。

土木事業本部 工藤さん:
今回で6,7回目の参加です。草刈機の扱いには、だいぶ慣れました。次回も都合がつけば 参加します。

土木事業本部 林さん:
初めての参加でした。家族で参加しても構わないとのことでしたので、家族(妻&子供2人)で参加しました。刈った草をかき集める作業を行いました。屈んで長時間作業したので、結構疲れました。子供たちも頑張って草を集めていましたが、カエルや昆虫に出くわすと、そちらに興味が移っておりました。自然と触れ合う面においても、良い経験になったと思います。

東日本営業部(土木) 大木さん:
今年で記念すべき10周年目の活動になります。
早いものですね…!!!

平均年齢も勿論10歳高くなり(笑)、若手の参加者急募です!
さあ、今年も頑張るぞ!

工務部 馬場:
2度目の参加になります。
当日は、晴天だった前回と打って変わっての曇り空。
暑さにうだる事もなく作業にはもってこいだったと思います。

今回は、前回の宣言通り一つに絞り、水質調査を行いました。
初めての事でしたが、学生時代の理科の実験を思い出し、どこか懐かしく思いながらの作業でした。

ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved