徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >葛西用水路ボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
第30回
第29回
第28回
関東農政局長表彰の
 報告
第27回
第26回
第25回
感謝状授与の報告
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
関東農政局長表彰の
 報告
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
企業の森づくり
ボランティア活動
その他の
ボランティア活動

葛西用水路ボランティア活動

第30回『葛西用水路』ボランティア活動の報告

報告者:東京支店 営業部 中村正和

30回目を迎えるボランティア活動に初めて参加しました。

天気は良好。前日雪がチラつく予報があったにも関わらず、少々風があるものの晴天に。

朝9時30分JR白岡駅に土木の水元副支店長、久保部長、大木副部長と待合せをし集合場所の琵琶溜井記念館へ。

当社参加者・協力会社含め総勢14名のボランティア活動。
作業は主に用水路内のゴミ拾いや用水路沿いの草刈り、清掃。

私は用水路内のゴミ拾いを担当。用水路は濁ってましたが水嵩はない。
ロープの付いた籠を下してもらい。ゴミを拾っては籠への作業。籠は引き上げて貰い軽トラに移されます。

ゴミの種類は様々で空き缶・ビン、CD、ペットボトル,有刺鉄線,扇風機,給湯器,ベッド等。
一連の作業は皆さん承知してますから、黙っていても自然と手が伸び、協力関係ができあがってます。連帯感が生まれ清々しい活動となりました。
2時間程でしたが達成感も味わうことができました。

残念ながらまだまだ用水路にはゴミは残っています。捨てさせないためにも綺麗に維持することが大事と米山顧問からお聞きしました。近隣住民からも声をかけられこのボランティア活動が地域に溶け込んで、今までの活動が認められているのだなと感じました。

回数を重ねる毎に地域住民の意識が徐々に変りゴミ捨てが減っていくことを期待し記念すべき30回目のボランティア活動を終えました。

参加者の皆様、お疲れ様でした。
過去10年間、計30回のボランティア活動の累計時間及び述べ人数は下記の通りです。
累計時間 : 約72時間
延べ人数 :375名

私たちの活動は、「心の豊かさ」「ゆとりの社会」づくりを推進します。
今後も活動を続けて参りますので、皆さまのご参加をお待ちしています。
活動状況については徳倉建設HP
及び葛西用水路土地改良区HPでもご覧いただけます。

【出席者 順不同敬称略】
山下信夫、米山元昭、水元正弘、久保武義、中村正和(初参加)、高木裕資、 茂渡英三、林亨、林マリア、林拓海、林小百合、徳倉祐子、大木寛之 (株)ジオプラン(東京徳友会)竹重克生(計14名)

浦和測量設計(株) 7名 葛西用水路土地改良区 2名

葛西用水路ひと口メモ・・・
日本三大農業用水の一つ(他に埼玉県の見沼代用水、愛知県の明治用水がある)
江戸時代初頭の1660年に江戸幕府が、関東郡代の伊奈忠克に開発させた灌漑用水路であり
利根川から引いた水で埼玉県東部を潤す農業用水。1760年代に完成した。
(葛西用水路土地改良区) http://midorinet-kasai.or.jp/

  • 作業前 全体集合写真

  • 作業前挨拶 三ヶ尻工務課長より

  • 作業内容説明

  • さあ僕たちも始めるぞ!

  • 葛西用水路

  • 農閑期の用水路
    (水位を低くしています)

  • 水路内の水を汲み取る

  • まずは水温を計りました 8℃

  • 次は透視度計に水を入れる

  • 透視度試験

  • 水質調査<全窒素(無機)>検査液

  • 水質調査<全窒素(無機)>結果

  • 水質調査<COD(低濃度)>結果

  • 水質調査<アンモニア>結果

  • 水質調査(pH)結果

  • 水質調査<りん酸態りん(低濃度)>
    結果

  • 枯れ草収集1

  • 枯れ草収集2

  • 枯れ草収集3

  • 水路内作業1

  • 水路内作業2

  • 水路内作業3

  • 雑木撤去 これは大物だ!

  • 雑木撤去 のこぎりで…

  • 雑木撤去 伐採した樹木を引き上げる

  • 雑木撤去 撤去完了

  • 引き揚げ作業1

  • 引き揚げ作業2

  • ゴミの集積状況1

  • ゴミの集積状況2

  • 作業後の講評

  • 作業終了の挨拶

  • 作業後の全体記念撮影

  • 作業後の記念撮影

参加者の一言 順不同

山下支店長:
当日、私は中学校付近の右岸側の草刈を行いました。
冬の枯れ草は鎌で刈り取りるのは意外と易しかったのですが、刈った枯れ草をビニール袋に入れる作業が一苦労。徳倉裕子さんにビニール袋を持ってもらい、私が枯れ草を詰める役割で何とか片付けることができました。
しかし、作業途中から汗が出てきたので防寒着を脱いで作業をしたところ、アメリカセンダングサ(キク科)の種がセーターにびっしりくっついているではありませんか。肌にチクチク刺さるし種を取るが一苦労。
来年からは種がつきにくい服装にします。
皆さんも気をつけてください。

米山執行役員:
農業用水路内の樹木が年々成長し、泥の堆積もあり通水阻害が心配でした。
今回、伐採にチャレンジしましたが、樹木の根が法面のブロックの奥深くまで入り込み、完全除去はできませんでした。
来年は、装備を万全にして再度チャレンジ、完全に除去したいと思います。

水元副支店長:
今回は年一回の水路内清掃。
来年も頑張ります!

土木事業本部 東日本工事部 久保部長:
用水路の中に入ってみました。
ゴミがいっぱいでしたが頑張りました。

東京支店 営業部 中村部長:
初めて参加しました。
社外の方と自然と協力もでき連帯感ある活動ができたと思います。
ボランティアの良いところでしょうか。
用水路には空き缶からベッドまで。
躾が大事ですね(笑)。

東京支店 高木さん:
本当は、胴長はいて川に入りたかったのですが、今回は水質検査担当となりました。
当日は以外にも気温が低くなく良かったのですが、風が非常に強く検査の薬品、道具、記入用紙が飛び散り苦労しました。
いつも楽しみにしていた作業後の昼食会(焼肉)は都合により参加できず残念でした。
休日暇してる方がおられたら是非参加してみてください。気持ちの良い体験ができるかも!

建築事業本部 積算部 茂渡さん:
水路内でのゴミ掃除をしました。下流に入ったのは初めてで、水深が膝のあたりまであったので、つまづかないかととても不安でしたが、少し上るとゴミも目視できるようになり、多くのゴミを集めることができました。
運搬車の関係もあり、上流までゴミの片付けができなかったのは残念でした。

土木事業本部 東日本工事部 林さん:
2回目の参加です。今回も家族で参加しました。
妻と子供は草刈り、私は水路内清掃を行いました。
用水脇から見下ろした感じでは、あまり汚れていない印象でしたが、いざ水路内に降りてみると、何と多くのゴミが捨ててあることかと思いました。
空き缶、空き瓶、ビニール袋が多かったですが、中には機械部品やマットレスなどの大きなゴミまであり、あっという間に、軽トラックの荷台が、ゴミで満杯になりました。とても全て拾い集めるまでに至らず、残念でした。
次回以降も、都合を合わせて参加します。

本社 経営管理本部 徳倉さん:
1年ぶり、2度目の参加です。
今回は右岸側の草刈を担当しました。冬なので草が刈れており簡単そうな作業に見えましたが、実際は頑固な草を引き抜いたり屈んだりと、なかなかの重労働でした。目に見えて綺麗になっていくので、気持ちよく作業できました!
また参加したいと思います。

土木事業本部 東日本営業部 大木さん:
活動10年目として、30回目の区切りとして締めの一年でした。
当日は、怪我もなく天気にも恵まれて気持ちの良いボランティア活動を行うことが出来ました。
さあ、来年は11年目になります!
皆様の益々の参加をお待ちしています!

ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved