徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >企業の森づくりボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
企業の森づくり
ボランティア活動
第35回
第34回
第33回
第32回
第31回
第30回
第29回
第28回
第27回
第26回
(第2回「徳倉・森の教室」)
第25回
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
怒田沢県有林
 森林体験
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
(第1回「徳倉・森の教室」)
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
その他の
ボランティア活動

企業の森づくりボランティア活動

第27回 (13.11.26):半年ぶりの活動

平成25年5月26日に第2回徳倉・森の教室が行われて半年たちました。企業の森づくり活動は10月に計画していましたが、悪天候のため中止となったため、約半年ぶりの活動になりました。今回は7名の参加があり、今までの活動延べ参加者数は217名となりました。天候がよく秋の高い空が印象的でした。今回は活動期間が開いたので、まずは現地の様子を確認しました。特に異常はありませんでしたが、枯れ葉や枯れ木が沢山落ちていて冬の到来を感じさせます。椎茸はほとんど収穫できなくなっていて、ほだ木はスカスカになっていました。また新しく栽培しようというメンバーの声が多かったため次回から椎茸栽培を行います。メンバー全員で枝打ちを行い、活動の感触を取り戻しました。最後は清掃美化活動を行い、活動を終了しました。


第28回 (14.1.18):除伐作業

平成14年初めての森入りです。今回は6名の参加があり、今までの活動延べ参加者数は223名となりました。今回の目的は除伐です。森林整備活動もだいぶ板についてきて、それなりに知識もついてきましたのでチャレンジがしたい。そこでクヌギやコナラ等の広葉樹で大きな木(我々にとって)を除伐することにしました。除伐した木は、椎茸栽培のほだ木として活用します。最初は順調に進んでいましたが、トラブルが発生しました。なんと木の切断中に電動チェーンソーの充電が切れてしまったのです。途中から手のこで除伐を再開しましたが、なかなか進まず、メンバーの体力も失われてきました。なんとか交代交代で除伐完了しましたが、その後の処理である玉切りは次回へ後回しにすることになりました。体力を消耗して森をあとにすることになりました。


第29回 (14.3.8):ほだ木作成、シイタケ栽培

当初2月に予定していましたが、悪天候のため中止になりました。今回は初参加1名と1匹を加え9名参加があり、今までの活動延べ参加者数は231名となりました。前回、作業半ばで終わった除伐した木の玉切りからです。作成したホダ木は、シイタケ栽培箇所に運びました。運ばれたホダ木にシイタケ菌をつけて養生しました。今回だけでは物足りないので次回も行うことにしました。最後は全員で環境美化活動を行いましたが、出るわ出るわ、空き缶等のゴミにあきれてしまいました。本当に残念です。めげずに環境美化活動は続けていこうと、心に誓いました。


第30回 (14.5.17):ほだ木作成、シイタケ栽培

新緑の季節を迎えました。木々が青々としてまぶしい限りです。今回は6名+1匹の参加があり、今までの活動延べ参加者数は237名となりました。今回は前回の続きです。一番大変だったのは、除伐、玉切り後のホダ木運搬作業でした。全部人力で運搬用車両(普通の乗用車)まで運びます。この時期だからか、切りたてホヤホヤのホダ木は重い。肩に担いで運ぶが重労働でした。メンバーの皆様おつかれさまでした。作成したホダ木は、シイタケ栽培箇所に運びました。運ばれたホダ木にシイタケ菌をつけて養生しました。収穫時期が楽しみです。
これから夏期に入るため、一時活動を休止します。次回は9月20日(土)に開催を予定していますので皆様のご参加をお待ちしています。

ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved