徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >企業の森づくりボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
企業の森づくり
ボランティア活動
第35回
第34回
第33回
第32回
第31回
第30回
第29回
第28回
第27回
第26回
(第2回「徳倉・森の教室」)
第25回
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
怒田沢県有林
 森林体験
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
(第1回「徳倉・森の教室」)
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
その他の
ボランティア活動

企業の森づくりボランティア活動

第18回 (12.06.23):県有林と契約して早3年が経ち、契約更新とともに活動エリアの調査

3ヶ月ぶりの山入りです。10名が参加し、前回同様K氏のご家族も参加です。梅雨時で前日も降雨が観測され、当日の活動も天候が心配されましたが、日頃の行いが良いのか梅雨の合間の晴れ間となりました。森の中はたくさんの雨を浴びて、草木がのびのびと成長していました。県有林との森づくり活動の契約を交わし、早3年が経とうとしています。3年前と比べると、森の中の視界は良好で、整備してきた感を改めて実感させられます。この森づくり活動を通じて得られたものは多くあり、さらに3年の契約更新を行う予定です。そこで、今回は(1)新たに契約を行う活動エリアの調査および範囲の特定、(2)既存エリアの林分調査および枝打ち、の二手に分かれて活動を行いました。

(1)新活動エリアの調査・範囲特定
既存エリア含め、合計5haの契約更新を図っています。遊歩道および公衆トイレを目安に新エリアの森の中へ入っていきます。早速、勾配がきつい斜面を登り、いただいた図面をもとにビニールひもで明示を行っていきます。尾根伝いに足を進めるのですが、想像以上に険しい森の中のため、思ったように範囲を特定することができません。事故が起こってからでは遅いので、なるべく平坦な地を選んである程度の範囲を特定しました。次回は既存エリアから整備を進め、範囲を特定していきたいと思います。

(2)既存エリアの林分調査・枝打ち
調査範囲を決め、その中に生えている樹木の径および高さの計測を行いました。太い幹や低い樹木など木々の成長は様々です。日当たりや栄養源の供給程度により成長過程も異なってきます。その後、定番の枝打ちを行いました。お子さんも慣れ親しんで楽しんで活動を行っていました。
(オタマジャクシがいた沼地はザリガニが支配していました。カエルとなってどこかへ飛び立ったのでしょう・・・)
次回は真夏の森へ行く予定です。ご参加される方は熱中症対策をお願いします。


第19回 (12.09.08):新たな活動エリアの開拓!!

2ヶ月半ぶりの山入りです。今回は13名の参加があり、本店長を始め土木の現場職員も多く参加いただきました。今までの活動延べ参加者数は166名となり、社内的に認知されつつあります。今回は初めての参加者も多いことから、活動前にエリアの位置と活動内容の説明を行いました。
今回は愛知県との協定書延長の契約を結び、最初の活動となります。平成24年7月27日から平成27年7月26日までの契約で、今までの1.5ha から5.0ha と、3倍以上の面積を整備するものです。以前の活動報告でも触れましたが、急峻な地形が多く、昇り降りするだけでも大変な場所です。
事前の天気予報では降雨も予想されましたが、晴れ男が多いため天候が崩れることなく、活動を行うことができました。今回は以下の二手に分かれて活動を行いました。

(1)新活動エリアでの枝打ち
新たな活動エリア内であるため、枝打ちを行う箇所が多くありました。本活動を通じて枝打ちファンは密かに増えつつあり、皆さん一斉に枝打ちを行っていきます。ただ、斜面であることから、足元に十分注意しながらの作業です。参加者が多いせいか、一気に視界が開けていきます。活動前は日中にも関わらず真っ暗な森の中でしたが、枝打ち後光が差し込み、遠くで作業を行っている方も見えてきます。枝打ち箇所はまだまだたくさんあります。やったことがある人にしか分からない枝打ちの魅力を体験してみませんか?

(2)新活動エリアでの林分調査
新活動エリア内で10m×10mの区分をテープで明示し、林分調査を行いました。調査は若手の精鋭軍団で結成され、選抜?された5名で楽しく行いました。調査箇所はなぜか厳しい斜面を選択、斜長を考え、区画を測量しました。
過去に行った林分調査では、間伐の必要がない結果でした。そのため森林整備活動として、下枝打ち、除伐、下草刈りが主な作業でした。今回の行った調査結果から新活動エリアでは間伐の必要があることが分かりました。 理由として、前回のエリアに比べ、樹高が高い、太い、密集している、ことが挙げられます。次回の活動から間伐を含めた活動を計画しますので、木を切る楽しさも魅力の一つと考えています(林分調査表参考)。

その他として、新活動エリア近郊には天然のシイタケが生えており、トゲがたくさんあるものや全身真白なものがありました。今回のエリアでもシイタケ栽培をしてみようかと思います。
次回は11月10日(土)を予定しています。紅葉の秋となり、観光にはもってこいの時期となりますので、是非参加してみて下さい。

林分調査結果
樹種:ヒノキ
調査日:2012.9.8
プロット:10m*10m
調査担当:A
竹田・冨安・可児・川本・和泉
直径本数樹高摘要
a(cm)b(本)c(m)項目算式数値単位
   調査面積h 0.01ha
   林齢   
859.8ha当り本数if / h3200
10510.8(平均樹幹距離)s= 100 * 1.8m
121011.3平均直径j∑ab / f12.3cm
14712樹高 平均k∑bc / f11.6m
16313.3上層(*1)l∑b'c' / f'11.3m
18215枝下高 毎木の本数加重平均1.31m
   地位指数(*2) 地位指数曲線図から20 
   相対樹幹比(密度)Sr(100 * ) / l * 10016%
   適正立木本数(ha)(*3)m(10000 / (Sr * l))**21975
   同(プロット)nm/10020
   間伐本数(プロット) f-n12
   林分形状比ol / j * 10094%
合計f32      
 *1:直径階上位から1/3の平均樹高
*2:40年時の上層樹高
*3:本計算のSr=20とする
ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved