徳倉建設ロゴ 徳倉建設-社名

Japanese|EnglishSpanishFrench

top >徳倉の取組み >企業の森づくりボランティア活動
メニュー
徳倉の取組み
農村地域振興への取組み
葛西用水路
ボランティア活動
企業の森づくり
ボランティア活動
第35回
第34回
第33回
第32回
第31回
第30回
第29回
第28回
第27回
第26回
(第2回「徳倉・森の教室」)
第25回
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
怒田沢県有林
 森林体験
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
(第1回「徳倉・森の教室」)
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
その他の
ボランティア活動

企業の森づくりボランティア活動

第20回 (12.11.10):企業の森づくり活動の新たな活動エリアを明示した看板設置

2ヶ月半ぶりの山入りです。今回は9名の参加があり、今までの活動延べ参加者数は175名となりました。今回は新たな活動エリアにおいて前回設置した看板より大きなものを東海自然歩道の看板の横に設置しました。今回はこの(1)看板設置と(2)枝打ちの二手に分かれて活動を行いました。

(1)看板設置
今回はより多くの人に活動を理解していただくために、1,200×1,800mmの大きな看板を設置することとなりました。設置場所は東海自然歩道の案内板が設置してあるすぐ横で、愛知県の許可を得て設置します。東海自然歩道を利用する人や付近に公衆トイレがあることから、この付近は比較的人の通りが多く、付近を通行する方から企業の森づくり活動を行っていることが目につきやすくなっています。土木事業本部中日本工事部の竹田さんに看板や杭などの資材に加え、工具類の準備全てをしていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
看板の裏地は工事用看板で利用したあいくる材を再利用し、また支持する杭は間伐材の丸太を用いることで、自然との調和を図っています。また、今後3年以上存置させるために、保護塗料を塗布し、また看板上部には屋根を設置しました。設計のほとんども竹田さんが行い、センスの良さを感じます。一部保護塗料が塗布されていない箇所があるので、次回の活動で行いたいと思います(保護塗料は無色なので本当に塗布されているか分かりにくいですが・・・)。設置にかなりの時間を要すると思いましたが、皆さんの協力があり2時間程度で設置することができました。付近を通行することがありましたら是非見てみて下さい。
ちなみに、以前から設置されている看板についても活動エリアを5haに広げたステッカーを貼りました。

(2)新活動エリアでの枝打ち
前回に続き、新たな活動エリア内での枝打ちを行いました。徐々に枝打ちされた箇所が増えていき、視界が開けていきます。まだまだ枝打ちを行う箇所が多くありますので、是非積極的にご参加いただき、枝打ちを行うことで、その魅力を体験してみませんか?

シイタケが参加者人数分の収穫ができました。今後寒気が深まるにつれてよりシイタケが出てくると予想されますので、こちらも楽しみです。
次回は12 月8 日(土)を予定しています。今後毎月1回の活動を行う予定で、路面の凍結なども考えられるため、安全運転での参加を宜しくお願いいたします。


第21回 (12.12.08):企業の森づくり活動の展開(1)

前月に続いての山入りです。今回は7名の参加があり、今までの活動延べ参加者数は182名となりました。今回は新たな活動エリアにおいて、チェーンソーを用いて間伐材の切断を行いました。枝打ちに加え、間伐材を切ることで視界がさらに開け、活動エリアがどんどん広がっていきます。入山時に障害となるものも少なくなり森の整備を行っている感が出てきました。
また、切断した木を小割りし、今後のイベントなどで使用できるようにしておきました。残った時間で恒例の枝打ちを行い、冬の森を満喫しました。

次回は2月9日(土)を予定しています。降雪などで路面の凍結なども考えられるため、安全運転での参加を宜しくお願いいたします。

ニュース会社概要採用情報IR情報土木部門建築部門海外建設保有技術品質・環境徳倉の取組み
TOPサイトマップお問い合わせ個人情報保護方針このサイトのご利用にあたって
個人情報保護方針  このサイトのご利用にあたって
Copyright 2006TOKURA CORPORATION All rights reserved